[日々]♠ヨコガオ♠ の記事一覧
01/13.Tue   幼稚園は、登園拒否児でした 
22:31

『登校拒否』では、ないのですよ

『登園拒否』でした


二人の姉達は、黒髪の日本人形のようでしたが

なぜか・・・私だけが、髪の毛が、茶色でした

茶色と言うより金髪に近かった

幼稚園児って、意味も無く残酷な言葉を、言うのですよ

顔を見ると、『ア○ノコ』(今は差別語)と、いうのです

おもしろがって言うのですけどね

言われてる方は、たまったもんじゃないです

で、幼稚園には、行かず

母が、ミシンで私たちの服を作ってくれてる横で

着せかえ人形で、遊んでました

母は、3姉妹の洋服を

全くのお揃いではなく、部分的に柄や色をかえて,

何処かだけお揃いにして3人の娘に着せて、楽しんでました

ミシンの音が、快く、じっと見ながら、私も人形の服を作ったりしてました

母は、日本人形の様な姉たちには、バレー(洋舞)を習わせて

外人ぽい私に、なぜだか日本舞踊を、習わせました

幼稚園に行かない事を、とがめもせず

側で遊ばせてくれてました

まぁ、私が幼稚園に行く時は、1年に1回だけ

それは、学芸会の様な日に、日舞を踊りに行くときだけでした



子供なりに,幼稚園は、行かなくてもいいけど

学校・・・・行かねばならず・・・わかってました

入学前に

思い切って、母に、『髪の毛、クロに染めたい』と、言いました

『わかった!』と、言って、行きつけの美容院に連れていってくれまして

黒に染めたいと、言うと

その美容師さんが

『こんな奇麗な髪、初めてみたゎ〜染めない方がいいよ〜』

『素敵な色だよ〜』と、言ってくれました

それに、染めると次にはえてくる髪が、変な色になってしまうと言うのです

まぁ、これは、前もって母と打ち合わせがあったかも・・・・

幼い私は、これで、納得して

私の髪は、奇麗な金髪なんだぁ〜〜って、自信を持ったのです

入学後のいじめは、暫く続きましたが

そのうちに友だちもできて、3年生ぐらいには

ガキ大将を家来にするほどでした


母の機転で、守ってもらえたことは、言うまでもないです

で、あのとき、ミシンの横で学んだ事が、夢にと繋がったのでした



母は、私が26歳のとき、亡くなりましたが

いじめの事は、話した事もなく、聞かれた事もなかったけど

母は、心をどれだけか痛めていただろうと

自分も母になった時、やっと気がつきました

そして、いつも守ってくれた事に、感謝しました



スポンサーサイト
01/11.Sun   成人式・・・ 
23:15

新成人の着物姿を、お買い物途中で、見ました

テレビでは、オトナの豊富とか、新成人にインタビューしてましたね

東北の震災から、4年目、まだ、仮設に住んでいて、

復興されてない事を、皆さんに知って欲しいと、言ってました

この方たちの、3年半は、一言では、言えない大変なものだったでしょう

挫折や困難は、人の成長の肥やしになると信じて、強く生きて欲しいと祈る思いでした




私にも、ハタチは、ありました

もう、忘れるほど前の事です^^;

先日に書いた様に、私は、18歳で家なき子となり

地元に居たかったのですが

仕事先にも、ちょっと危ない事となってきたので

姉が、名古屋に来る様にと、言ったのです

丁度、義叔父(母の妹のだんなさん)の会社に、

コンピューターが入ったので、それを担当する様にと、言われました

まぁ、私は高校時代の夢に向ったときに

簿記,会計、タイプ、洋裁、お花、お茶は、習得してたので

コンピューターは、初めてであっても、何とかなるだろうと、やる事になりました

まだ、パソコンの無い時代であって

大きな紙テープに、パンチしていくプログラマーですね

機械も、大きくて、音もうるさくて、パンチングも遅くて

タイプしてパンチするのです

それは、従業員の給料計算、売り上げ伝票、請求書と

手書きが、印字されるのです


成人式??名古屋で,知らない人の中では、行きたくないし

地元に帰っても、家もないし

って訳で、成人式には、出てません


その頃でも、夢に向って東京に行きたかったけど

その時、他市の高校で、下宿して学んでた弟の学費が必要だったのです

自分の夢は、暫くお休みでした

義叔父の配慮で、母も寮の食堂でお手伝いをさせてもらい

寮の一部屋に住まわせてもらってました

まぁ、姉と義兄は、そこで工場長として、社宅に住んでたんですけどね



そんなとき、不思議と、行方不明になった父の事を、恨むこともせず

どうしてるのだろうかと、心配でした

それから、暫くして『父帰る』状態になったのです

父は、住み込みで仕事を探し,小さな家ですが、母と二人で住む事となりました

母は、今までと全く違う生活であったけど

今が,一番幸せだと、言ってました

親戚や、職人さんに気を使わなくていいし

気楽になったのでしょう

私は、そのとき、人生、お金じゃないなぁ〜と、学びました

もちろん、お金が無いから、目指す所には、行けなかったし

今、弟の学費がいるから、働いてる

それは、お金じゃなくて、気持ちなのですよ

私は、何不自由なしで、高校に行ってましたのに

同じ兄弟の弟に、それをさせてあげたいと、思ったからでした


弟が無事に、高校を卒業してからのことなど

また、思い出して書き綴って行きたいとおもいます


| BLOG TOP |

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

information

アルバム

recent entries

recent comments

コメントありがとうございます
とても励みになります
☆m( _ _ )m☆

links

category

全ての記事を表示する

counter

 

archive

search

recent trackbacks

barometer

CopyRight 2006 My life is NATURE All rights reserved.
Template by Il mio diario
Customizing by.maririn-NATURE
Powered by FC2BLOG /